bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

○○について考える。

work | 2002年10月3日 20:49:00 | あべっち

今日は、また何社かエントリーしたり、面接の日が決まったり、思いのほか忙しい日だった。
ある会社のエントリーには、800字程度の志望動機や自分がどう貢献できるのかという文章を書き、送らなければならず、1時間以上もかかった。
志望動機を書くときに、情報とは何だ?とか、分類するとは?とか、頭の中にいくつも質問が浮かんできて、なかなかまとまらなかった。
ダメもとでなんとか内容をまとめ、ギリギリ800文字に仕上げた。
自分がまさかこれほど大きな某企業にエントリーするとは思わなかった。
苦手な英語は英検3級だけど、このサイトでも度々紹介しているように外国人とチャットをすることで、克服しつつある。

続きを読む »

げんなり。

diary | 2002年9月30日 11:41:00 | あべっち

雨の日が続いている。
こういうジメジメ感が大嫌いな私は、もう飽き飽きしている。
洗濯物も干すこともできず、洗濯機の中。
あいかわらず仕事探しの日々。
今週は今のところ面接2社。
ドーパミンをフル放出して立ち向かうなり。

スウェーデン人と国際交流。

Internet | 2002年9月24日 0:37:00 | あべっち

今日は、スウェーデン人のメル友の話を書く。
W杯のスウェーデン対アルゼンチンの試合を見てから、なんとなく気になる国・・・スウェーデン。
北欧の国だということは知っていたが、どんな国なのかまったく知らなかった。
どんな言葉を話すのか?
どんな人が住んでいるのか?
どんな食事を好むのか?
日本とスウェーデンとの関係は?
自分が何も知らないってことがよくわかった。

続きを読む »

待ちぼうけ・・もう待てない。

other | 2002年9月22日 22:30:00 | あべっち

今日は、午前5時の私からスタート。
ゆかに寝たことに気がつき、午前5時に起きた私。
すぐさまベッドを出し、ギンギンに冷えたアイスノンを枕にして再び夢の中。
電話が鳴った。
条件反射で飛び起きる私。
母親からの電話だった。

続きを読む »

東京ドリーマー。

other | 2002年9月19日 14:57:00 | あべっち

自分は、小さい頃から都会で暮らすことが夢だった。
ど田舎で育った私は、田舎コンプレックスだった。
バスは1日3本。最寄り駅まで車で15分~20分。
そんな暮らしが嫌だった。
だから、小学校の卒業文集にも“東京の大学に行きたい”と書いた。
そして、夢がかない、東京の大学に進学し、卒業することが出来た。

続きを読む »

過敏狂。

diary | 2002年9月19日 10:55:00 | あべっち

今日も、ぜんぜん眠れないまま朝をむかえ、いつものようにゴミを出し、いつものように朝食を食べた。
それでも、来ぬ知らせのことで頭の中はいっぱいで、どうしても落ち着かない。
携帯電話の着信音はオフにしているが、バイブ音にドキッとする。
今日で、かれこれ1週間。
そろそろ問い合わせをしてもよい頃だろう。

過敏反応注意!

diary | 2002年9月18日 11:23:00 | あべっち

昨日は、異常なほど携帯の着信音に過敏に反応した一日だった。
大事な知らせを待っていたからであり、それが私の人生に影響を与えるものであり・・・落ち着かない日だった。
携帯の着信音が鳴るたびに心臓がバクバクと鼓動を強く速くする。
しかし、昨日はその知らせが来ず、夜も落ち着いて眠れず、携帯にメールが届くたびに飛び起き、眠ることができなかった。
バイブ音でも起きてしまうほどの過敏反応。
今日こそは、良い知らせが届きますように。

空虚な朝に思う

diary | 2002年9月16日 6:34:00 | あべっち

昨日は、ちょっと風邪気味だったのと胃痛で早めにベッドに入った。
1時間後の深夜12時、真下に住んでいる友達からPC修理依頼の電話。
電話ではどうしようもなかったので、直接修理に行った。
3分ほどで修理完了。たいした故障ではなかったようだ。
それから再びベッドに入るが、なかなか寝つけない。
右を向いても、左を向いても、しっくりこない。

続きを読む »

寝る

diary | 2002年9月15日 0:21:00 | あべっち

また、リング作りました。
でも、日本酒をちょっと飲んだので眠くて画像をのせられません。
寝ます。

世界平和について考える

diary | 2002年9月12日 15:57:00 | あべっち

昨日は、9月11日。
アメリカ同時多発テロが起きて1年。
あの日のことは一生忘れない。
テレビでリアルタイムに流される惨劇。
あれからの自分は何を考えていたのだろうか。

続きを読む »