ワークライフバランス。

Book & Magazine | 2008年3月8日 19:42:41 | あべっち


今週、コンビニで日経ビジネスアソシエをパラパラと見ていたら、「ワークライフバランス」の特集で、以前、同じ職場で働いていた方が紹介されていました。

その方の言葉が、印象に残ったので日経ビジネスアソシエを買いました。
妻の妊娠がわかり、「父親のスイッチが入った。」

「ワークライフバランス」とは、日経ビジネスアソシエの言葉を借りると「仕事(ワーク)」と「仕事以外のやりたいこと、やるべきこと(ライフ)」を両立させられるようにしようという考え方のこと。

私自身も、以前はインターネット業界で働く以上は、夜中まで働くのがふつうなんだと思っていました。でも、ここ2年ほどは、残業を1時間ほどで切り上げ、20時頃には会社を出ることにしています。

そのために、効率的に仕事を片づけるように意識したり、仕事に締め切りを設けるようになりました。

早く家に帰って料理をしたり、スポーツクラブでトレーニングしたり、映画を見に行ったり、本を読んだり、飲みに行ったり、仕事以外のことにも時間を割けるようになりました。また、1週間ほど休みを取って海外旅行に行けるようになりました。

そうすることで、仕事中も疲れ切ってるようなこともなくなったし、毎日が濃厚になったような気がします。

あとは、企業側もワークライフバランスを心掛けてくれること、人事制度に取り入れることが大切だと思います。ユニクロ、良品生活などいくつかの企業が制度化していますし、決して無理なことではないはず。

仕事以外の生活が充実して、仕事の成果が上がれば、企業にとっても社員にとっても良い結果をもたらすのではないでしょうか。

B00149C1DK 日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 3/18号 [雑誌]
日経BP出版センター 2008-03-04
by G-Tools

Leave a Comment