家庭内アニヲタ弟改造日記 vol.1。

Project | 2005年6月11日 13:17:35 | あべっち


3月から同居を始めた、8歳下の弟。
一緒に暮らすのは、なんと10年ぶり。

が、しかし、ヤツは、アニヲタになっていました!しかも、ゲームクリエーターを目指す専門学校生。

考えてみると、ヤツは子供のころからちょっと変わっていました。まず、あまり外で遊ばない。1歳半か2歳くらいから、壁に背中をあてて座り、ず~っと絵本を読んでいました。もちろん文字が読めたわけではなく、ず~っとめくって眺めているだけなのですが、1時間でも2時間でもそうしていた気がします。なので、オタク的性格は生まれつきなのかもしれません。

しかも、ちょっと内向的な性格ゆえか、友達があまりいませんでした。テレビゲームを買ったばかりのころは、よく友達が遊びに来ていたような記憶はあるのですが、それもいつの間にかヤツの下の弟が連れてくる友達にチェンジしていたような気がします。ヤツの下の弟は、外交的な性格だからだと思いますが友達は多いようです。

さて、ヤツの普段の服装は、ユニクロのストレートのジーンズ。足首までの長さでおしゃれさはゼロ。
ボサボサだった髪は、恵比寿のおしゃれな美容院でちょっとこざっぱりさせたのが今年の5月8日。私の我慢の限界を通り越し、あまりにもひどい髪型だったため、無理やり蹴りを入れながら美容院を予約させたのです。

私が、命令形で指示しないと掃除も洗濯も食事の用意も買い物すらしないヤツ。しかも、いつも反抗的な態度。家事の一切ができるように、スパルタ的に教育してきたここ2ヶ月。

教育の成果は、同居開始3ヶ月を迎えるまえに得られそうです。


今週は、毎日深夜2時半ごろに帰宅する日が続き、私はもうヘトヘトで、今朝もベッドから出られずグダグだ。ようやく8時半ごろ、PCに向かっていると、部屋のドアをノックする弟。

「今日は、買出しに行ってやろうか?」

という、声。いつもは、ジャンケンで負けたほうだったり、私が命令しないと行かない買出しに、自主的に行くと言い出したのです。なにか思惑でもあったか。。。私は、調子に乗って、

「んじゃ、うちの掃除もやって!」

と言うと、掃除用具を手に取り、リビングダイニングの床、廊下、トイレまで掃除をし、うち中のゴミ箱のごみを袋に入れて捨ててきたり(うちのマンションは毎日捨てられます)、キッチンのシンクまできれいにしてくれたのです。あれほど、毎日命令しないとやらなかったのに。。。

しかし、買出しに行くためにお金は渡しました。なんか、逆転夫婦みたいな、女がお金稼いできて、男が家事の一切をやるみたいな状況になりつつあります。まあ、ヤツの結婚相手は、すごく楽できること間違いナシ。

さて、そんなヤツですが、足の毛がものすごく濃い。しかも、長い。「キモイ!」と私が言い続け、ヤツも「男だから仕方ない。」と言っていたのですが、なにかの雑誌で短パンをはく男性モデルの足でも見たのでしょうか、今朝見たらきれいに剃られていました。

しかし、まだまだ改善の余地があるアニヲタ弟ですが、次は服装を変えさせるべく教育します。

#ヤツは、姉に教育されていることも、こうして書かれていることも知らないはず。「家庭内アニヲタ弟改造日記」とかで本が出たら、そのときはヤツに洋服でも買ってやりますよ。

4 Comments to “家庭内アニヲタ弟改造日記 vol.1。”

  1. みの | 2005年6月11日 15:16:41

    弟君に彼女が出来たから、少し優しさが出てきたという考え方はなし?
    あるは、好きな人。

  2. あべっち(abex) | 2005年6月11日 15:23:23

    >みのさん
    コメントありがとうございます。
    彼女。。。たぶんないと思いますが、そうだったら良い方向に進んでいると思いますよ。
    ただ、女の子に声を掛けることも話すこともできないヤツなので、もしそうだったらどうやってゲットしたか聞いてみたいですね。

  3. ひのとも | 2005年6月12日 2:11:26

    ビフォア→アフター見てみたい。
    んで、カワイく変身したらデートしたいわ。
    むふ

  4. あべっち(abex) | 2005年6月12日 8:58:18

    >ひのともさん
    コメントありがとうございます。
    ビフォア→アフターをお見せしたいですね~。
    デート。。。まともな会話ができるように教育します!