高校のクラス会に行ってきた。

diary | 2010年2月15日 0:37:13 | あべっち


土曜日は、地元福島で高校のクラス会があったので、日帰りで福島に行ってきました。高校卒業以来、まったく会っていない人たちがほとんどなので、かれこれ13年ぶりくらいでした。福島に行ったのも、かれこれ2年ぶりくらいかな。日帰りなのは、修士論文書きが遅れ気味のため。

朝10時過ぎの新幹線で福島に行き、3年間担任だった先生(先生は辞めちゃったけど)がやっているおうちカフェ「Cafeおおとも」に行きました。

福島は、めちゃくちゃ寒くて、道路にもところどころ雪が積もっていました。

Cafeおおとも。

先生は、13年前と変わらず、、、私は、「あの頃(高校の頃)、もっと勉強しておけばよかったと思っています」とか、「あの時(進路を決めるとき)、無理に東京の大学に行くことにしてよかったと思っています」ということを話しました。先生のカフェは繁盛しているようでした。

2時間ほど、カフェでまったりコーヒーをいただきながら、ぐだぐだと話が出来ました。

それから、クラス会の会場に移動しました。ちょっと早めについたので、幹事の2人だけがいました。

男子15人、女子30人というパワーバランスだからなのか、高校時代は男子と女子はあまり話さない感じだったのですが、さすがに31歳にもなるとそんなことはなく、幹事の2人とふつうに話せました。(福島なまりのヒアリング感覚を取り戻すのはちょっと大変でしたが・・・)

1次会には16人が参加しました。何人かは年賀状のやり取りをしていますが、ほとんどが卒業以来の再会だったため、会うたびに「お~!」という歓声が飛び交っていました。一応、名前を忘れてちゃいけないなと思い、前夜に卒業アルバムを見て確認済みだったのですが、意外と忘れてないなと。

高校時代に学級委員だった私は、乾杯の音頭を頼まれていたので、超シンプルに幹事へのねぎらいの言葉と適度なあいさつで無難にこなし、近況報告も適度にこなし、あとはカメラマン役をやっていました。いやはや、みんな13年過ぎても意外と変わらない方々ばっかりでした。みんな結婚して、子どもも1人とか2人とかいるのに。。。

2次会は居酒屋に移動して、さらに参加者が増え、再び「お~!」という歓声が!ケータイで高校時代の写真が見れるようにして行ったので、それをネタにぐだぐだ話したり、私の東京暮らしに興味津々の人たちがいろいろ聞いてきたり、ワイワイ盛り上がりました。

21時半ごろ、2次会を抜け、福島駅に向かい、22時5分の東京行きの最終の新幹線で帰ってきました。喜多方ラーメンとままどーるをおみやげに買ってきました。

13年ぶりのクラス会によって、疎遠になっていたクラスメイトたちとの絆を、再び結び直すことができたような気がします。メアド交換とか、名刺渡したりとかしたけど、一体、どれくらい連絡くれることやらとか、思ったりもします。まあ、地元に住んでいるわけじゃないから、仕方ないんですけどね。

#結婚して、子育てしているクラスメイトがほとんどだけど、それはそれで大変なんだな~と実感。
#福島市の市街地のホテル、居酒屋の中は、ソフトバンクの電波がほとんど入らず、iPhoneを触るのも初めてだというクラスメイトたちに iPhoneの利便性を説明するにも、電波が入らないのではどうにもならず・・・地方はまだまだドコモとauが強いと感じた。だから、私はauとiPhoneの2台持ち。

Leave a Comment