「2008年の総括」と「2009年の抱負」。

My Life | 2008年12月31日 23:36:47 | あべっち


今年もあとちょっとになってしまいました。

ビール2本飲み終わり、枝豆もほとんどなくなってしまい、残すところ年越し蕎麦だけとなりましたが、「2008年の総括」と「2009年の抱負」を書きます。

「2008年を振り返る」

30歳にもなると、1年が早く過ぎているような気がします。

今年1月は、30歳の誕生日(5月11日)までに結婚するぞ!とガケっぷちでもがいていたような気がします。元旦から気合いをいれるために神田明神で初詣、1月4日から上海旅行に出掛けました。

愛ちんのライブに通ったり、ホームパーティーしたり、花粉症に悩まされたり、、、しかも、日光の杉林を歩いて、花粉症が悪化…orz

4月には、大学院に入学。入学ついでに、レッツノートR7を買いました。授業は、最初からハードで十分に眠る時間もなくなりました。勉強で大変な時に、読書にもハマってしまい、読書量が急増。もちろん、恋愛も婚活もまったくナシ。

そして、5月には30歳に突入。
この辺りもほとんど勉強の印象しかなくて、6月の期末テストに向けて、レポートとテスト勉強の日々だったような気がします。

色恋沙汰から遠のいて、学業にシフトしていたなぁ~と思いました。脇目もふらずといったところでしょうか。

7月はiPhone狂想曲からスタート。表参道店に前日から並んで、道路に寝る経験をしました。 今は、iPhoneの無い生活は考えられません。

8月には、クアラルンプールに旅行に行きました。

マンダリンオリエンタルホテルのプールでビキニとか、なかなかゴージャスな旅を満喫しました。
帰国後には、a-nationのライブにも行きました。(このとき、小室哲哉は終わったって思ったんでした)

もちろん、この間にも大学院の授業は普段通りありました。

9月には、映画「おくりびと」を見て、死生観について考えさせられ、10月にはピンクリボンのイベントで都内を12km歩き、10月下旬にはデジタル一眼を買い、11月、12月は大学院の課題で死にそうな思いをし続けました。

なんとか乗り越えて今ここにいるわけで、乗り越えられない壁なんかないんだと思うわけです。

「2009年の抱負」

2009年は、31歳になります。
一気に年をとった気分になりました。なんでだろう…30歳までは、まだなんとかみたいな気がしてましたが、1歳増えるだけなのに、何かが違う気がします。

いくつかの項目に分けて抱負を書いてみます。

仕事」…来年は、年明け早々から会社の新規事業プロジェクト2本をプランニングしなければならず、2月下旬の経営会議を通ると、新規事業として立ち上げなければならなくなります。 今まさにチャンスを手に入れようとしているわけで、がんばりどころなのです。

学業」…4月からは選択科目の授業が始まり、10月からは修士論文の執筆を始めます。でも、大学院に行ってよかったって、今、すごく思っているし、学校に行くのが楽しいし、時にはつらいこともあるけど、あと1年頑張って、学位授賞式のために絶対イギリスに行きたいと思います。

ちなみに、2009年のテーマは「生活力向上」です。
派遣切りとか、不景気で大変なことになっているので、路頭に迷ったりしないように、生活力を向上させたいと思います。

そんなこんなで、今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

#2009年の年賀状は、届いた分だけお送りします。
#2009年は前厄でした。厄払いに行かないと…。

Leave a Comment