あきれた話ーMy younger sister’s husband is the une…

diary, News | 2007年7月28日 22:40:09 | あべっち


先週、ちょっと実家に帰っていたときに、両親から聞いたところによると、来月出産予定の我が妹が、無職夫のハローワーク通いに付き合って、一緒に行っているのだという。

あきれた。

30歳をすぎてるのに、もう半年近く無職なのだという。妹は、看護師なので、そこそこ貯蓄もあるし、産休中もそれなりに生活は保障されているんだろうけど、出産を控えているのに、旦那がそんな状況って…。

実家でそのことを聞く前に、このニュースを読んでいたので、心配が大きくなりました。

妊娠の妻と2児殺害し飛び降り自殺か…生活苦、4人死亡 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

男性はマンション3階の住人で、部屋から妊娠8か月の男性の妻と、子ども2人の遺体が見つかった。母子の遺体のそばにあった携帯電話には、「仕事がなく、生活も苦しい。このままでは子どもも産めない。ご飯も食べられない」などと打ち込まれたメールが残っており、大阪府警東淀川署は、男性が無理心中を図ったとみて、詳しい動機などを調べている。

妊娠中の妻と子どもを道連れに自殺する無職夫…妹とだぶりました。


そんなに社会でちゃんと働いたこともないし、特殊技能があるわけでもないのに、最初から高額の給与を求めているようで、それが障壁になってなかなか再就職できないようです。最初から高望みしてもしょうがないのに。

ハローワークもいいけど、転職エージェントを利用すれば、自分の市場価値を客観的に出してくれるし、自分が知らなかった適職を探してくれるので、本気で再就職したい人にはピッタリのサービスです。

しかも、リクルートエージェントインテリジェンスなど大手の転職エージェントは、地方にも支店があります。こういった転職エージェントには、クローズドな採用情報が集まっていたりするので、ネットで求人情報を調べただけではわからないことも知ることができますし、チャンスも増えます。しかも、無料で職探ししてくれます。

自分で再就職できないなら、そういうサービスに頼ることも大事なのでは?
まあ、自分の妻の収入に頼るのが嫌ならね。

Leave a Comment