親のモラル破壊。

News | 2007年1月10日 7:41:04 | あべっち


昨今、給食費を払えるだけの収入がありながら支払わない親たちが報道されることが多くなりましたが、現状は、それ以上にモラルの破壊が進んでいるひどい親たちが多くいるのだという記事。

「ウチのたたみ方じゃない」と保育園が洗濯し、たたんだ子供服を突き返す▽「パチンコで負けたから」と、お金を借りに来る▽熱が39度もある子供を預けに来て、「平熱ですから」と平然と言う▽子供の体調が朝よりも悪化したことを伝えようとしたが、携帯電話がつながらず、後で理由を尋ねると、「忘年会中だから電源を切っていた」と答えた…。すべて、複数の保育士が目の当たりにした親の姿だ。

私が子どもだった二十数年前は、こんな親はいなかったように思う。
こんな親に育てられる子どもは、本当に不幸だと思う。

子どもを作る前に、認定試験でもやって、親として問題なしと判定された人だけ子どもを産めるくらいにしないとダメなんじゃないかと思う。

国会議員といい、あほな親といい、モラルの破壊が進んでいることが残念。

Leave a Comment