国会議員のモラル破壊。

News | 2007年1月8日 23:15:57 | あべっち


国会の議場内で、国会議員が携帯電話を使用したり、新聞を読んだり、、、モラル破壊が進んでいるという記事。

公共の精神」。その尊さを謳(うた)った改正教育基本法など、幾多の重要法案が審議された昨年秋の臨時国会。そのさなかの11月30日午後のことだった。

 「小学生に申し上げるようで恐縮ですが…」

 衆議院本会議直前に開かれた自民党代議士会で、マイクスタンドの前に立った議院運営委員会理事の西川京子氏は、そう切り出した。

 「ご存じとは思いますが、本会議場では携帯電話のスイッチを切り、使用されないようにお願いします」-。出席していた自民党議員からは一瞬ざわめきが起き、そして失笑が漏れた。

教育基本法を審議している国会で、公僕であるはずの国会議員が、携帯電話を使用しているというのは、すでに河野議長が注意喚起したという記事を読んだことがあったので知っていましたが、また注意されているようでは、成長が見られないですね。

しかも、注意されてるのに失笑しているようでは、救いようがないですね。
いっそのこと、こういう国会議員のリストを公開して欲しいですね。

そういう国会議員には、絶対に投票しませんから。

Leave a Comment