オヤジをmixiに招待してしまった。

Internet, SNS | 2005年7月17日 21:38:01 | あべっち


これはもしかすると、後々大きな失敗だったと後悔するかもしれない。

今日もうちでぐだぐだっとしながら、本を読みつつ、リビングにいました。自分の部屋においている電話機の呼び出し音が鳴ったので電話に出てみると、声の主は、先々週50歳になった我が父でした。

まずは、「ブログのコメントを消すな」という用件でした。
電話機横のPCでブログの管理画面でチェックしてみると、父親からのコメントが承認待ちになっていました。このブログは、コメントを私が承認しないと表示されないようになっています。父親のコメントを確認した後、すべて削除しました。公序良俗に反していたので。。。(w
っていうか、両親は私のブログをチェックしすぎです。チェックするだけなら許しますが、最近コメントしようとするので困ります。特に父親。母親は、メッセンジャーでメッセージ送ってくるだけなので良いんですけど。

いろいろ話している最中に、ソーシャルネットワーキングの話になり、mixiのことを話していたら、父親をmixiに招待しなきゃいけないような状況になり、我が父に招待状を送信してしまいました。


招待した直後は、あまり気にしていませんでした。
が、しかし、よくよく考えてみると、自分のテリトリーに親が踏み込んでくるわけで、このブログにも書いていない、親の知らないことをいろいろやっている自分の生態がバレたらどうしようかと、ちょっとあせってきてしまいました。あれとか、あれとか。

自分の交友関係とか見られてしまうわけですよ。
招待した人ってマイミクから削除できないんですよ。たしか。いやはや、どうしましょうかねぇ~。

インターネット業界で働いている我が子が、どんな仕事しているのかもあまり理解できてないんですが、インターネットをある程度使いこなしているので、ひょっとするとmixi使いの達人になってしまうかもしれませんよ。