眞鍋かをりは私と同じ境遇だった。

My Life | 2005年3月23日 7:05:01 | あべっち


#眞鍋かをりのブログにトラバするために書きます。

え~っと、私も4月からというか、すでにというか3月19日の引越しを機に弟と同居を始めました。4月から都内のゲーム関係の専門学校に通うためです。眞鍋かをりも妹さんと同居を始めるそうで…がんばってほしいですねぇ~。

我が弟が恵まれている点は、
・同居を機に新築マンションを買ってもらった
・光熱費などの身の回りの経費は姉である私に支払ってもらえる
などなど。


さて、私のメリットは、
・朝食を作ってもらえる
・掃除、洗濯、ゴミ出しなどの身の回りの世話をしてもらえる
などなど。

ひとり暮らし8年から突如、弟と同居になって何が変わったかといえば、弟の身元保証人になったということかなぁ~。普通は保護者がサインするものなのだろうけど、バイトの際の書類に身元保証人としてサインさせられてちょっと責任を感じてます。

でも、人生のうち一度は苦労を味わってほしいなぁ~とも思うわけで、私自身は大学1年で新聞奨学生をやったことが今でも良い経験だったなぁ~と日々思うわけです。

ちなみに、昨日はめちゃくちゃ忙しくて午前0時半ごろ帰宅しました。しかし、泊まりに来ていた妹も同居を始めた弟も起きてきませんでした。干渉しないという点では、ひとり暮らしの時と何も変化がないなぁ~と寂しくもありました。

そんなこんなで、我が4人兄弟のうち、2人は東京暮らしで、1人は仙台暮らしで、1人は実家暮らしという形になりました。両親は、ちょっと不良になりつつある下の弟のケアのみに集中できて良いのではないでしょうか。

脈絡もなく、とりあえず書いてみました。