Happy Wedding!!

friend | 2004年9月5日 23:30:21 | あべっち


昨日、高校からの友人の結婚式のため、福島に帰省していた。
金曜日の夜、仕事場から直接福島に向かう慌しさで、大事な腕時計を家に忘れたり、9月1日に入社したばかりの会社なので出るタイミングがイマイチつかめず乗る予定の新幹線に間に合わない可能性もあった。


まあ、なんとか大丈夫で、以前から食べたかった駅弁「北海味メッセ」も買えたので問題は無かったのだが、あとから横に座った酔っ払いオヤジが何度も肘鉄してきた時には、本当にムカついた。

今回の結婚式では、新婦友人としてスピーチもさせてもらった。その原稿を書くために、お盆に帰省しファミレスに行き、新婦を前にしてiBookで原稿を書いた。それを書いていた時、出会ってからの10年間…高校時代の3年間、卒業してからのあれこれを思い出し、ちょっとしんみりした。卒業後、それぞれ東京と仙台で離れ離れになってしまい、なかなか会えなくなってしまったのに、それでも私にスピーチをと言ってくれた友人の期待を裏切らないように最大限努力したと自分では思っている。

まあ、スピーチ自体はつつがなく出来たわけだけど、どう考えても足を開いていたような気がしてならない。緊張していたので勘弁してほしい。次回は11月中旬に、同じく高校の同級生の結婚式でスピーチするので反省点は意識して改善しようと思う。

さてさて、今回結婚した我が友人は、どう見ても26歳には見えないカワイイ女性です。んで、お相手は8歳上の34歳。しかし、どう見ても34歳には見えないくらいちょっとオジサンっぽい感じの人でした。(まあ、これに関しては新婦にも話しているのでヨシとしよう。)

お付き合いは2年くらいという紹介アナウンスがあったが、実際には知り合って2年くらいなのであって、知り合ってから月に1回も会ってないのがほとんどらしい…相手が結婚に焦りがあったようで、「そろそろ身を固めたいんだ。」の言葉に負けてしまったようです。なので、実際にはこの言葉から付き合いが始まったようなものみたいです。実質、半年くらいの付き合い。

でも、式ではなんだか彼女がすごく大人っぽく見えて、笑顔がすごく素敵で、そんな不安も吹き飛んで、ホッとした気持ちが大きくなりました。

同級生の結婚式は、必ずと言って良いほど同級会状態になります。二次会には、さらに多くの同級生が参加し、新婦そっちのけで飲み会状態になってしまいました。私もスピーチが終わったら飲みまくってしまいました。たのしかった~。

最後に、Happy Wedding!!を心から祈っています。お幸せに。