Messenger of happiness.

friend | 2003年11月11日 1:19:55 | あべっち


幸せは、いつも突然もたらされる。

友人の結婚式から、1週間経った昨日。
ワタシに、またひとつの幸せが訪れた。


大切な友人に、2人目のベビーが宿ったとのメールが届いたのだ。
彼女には、絶対に幸せになって欲しいと願っている。

だから、ワタシは本当にうれしくてうれしくて・・すぐに返事を送った。

彼女には悲しい過去がある。
あれは、もう5年ほど前になるだろうか・・
当時付き合っていた彼氏を交通事故で亡くしているのだ。

遠く離れた東京でそのことを知ったワタシは、すぐに彼女のもとに駆けつけたかったが、そうすることは出来なかった。

それから数年が過ぎ、彼女は愛する人と出会い、子供を授かり、結婚した。
子供ができたと聞いた時、彼女にベビーの“ファーストシューズ”を手渡すため、1泊だけ帰省したことがある。
ナイキ好きのワタシは、必ずナイキのファーストシューズをプレゼントすることに決めている。

そして、2人目のベビーを授かった彼女に、再びナイキのファーストシューズをプレゼントしようと思う。

彼女の幸せは、ワタシの幸せでもある。
ワタシがもらった幸せは、幸せの使者へ贈りたい。
彼女の幸せの使者へ。

そうして、いつまでも彼女の幸せを遠くから祈り続けるワタシがいる。
もちろん彼女以外の友人にも幸せが訪れるよう、祈り続ける。

2 Comments to “Messenger of happiness.”

  1. りんもん | 2003年11月11日 20:40:34

    とても良い話ですね。
    不慮の事故って避けられないし、一瞬にして愛しい人を亡くすのは希望をなくします。
    仕事のやる気もなくします。
    なあんにもする気がなくなります。
    でも、今は幸せになれて、本当に良かったですね、彼女。

  2. あべっち | 2003年11月12日 6:45:51

    >りんもんさん
    コメントありがとうございます。
    彼女には本当に幸せでいてほしいです。