エアコンがぶっ壊れた。

diary | 2004年7月20日 5:59:07 | あべっち


昨日午前11時頃、PCに向かっていたら「ピチョン。ピチョン。」という音が聞こえてきました。気になって窓の方に目をやると、エアコン本体から水が…。

“これは結露だろう”と思い、とりあえず床に雑巾を置きました。


しかし、降水量はどんどん増すばかり…仕方なくマンションの管理会社に電話。女性の方が電気屋に聞いてくれるとの返事。

それから約2時間…音沙汰無し。この間、私は猛暑の中、汗ダラダラ状態で部屋掃除しつつ連絡待ち。

再度、管理会社に電話してみました。今度は男性の方が対応。すぐに電気屋さんから電話。すぐに行くとの返事。

んで、電気屋さんが修理に来て、あ~でもない、こ~でもないとエアコンを分解し、約1時間で修理は終了。原因は、かれこれ7年も使っているので排水部分の詰まりだったようです。

それにしても、突然人が来ることがわかると一気に掃除しまくるので効率的のような気がしました。それと、エアコンがないと生きていけないことが良くわかりました。そりゃ夏だからねぇ~。

#夕方、ちょっと涼しくなったので自転車でユニクロに行き、ジーンズを2本買いました。先週、お尻に小さな穴が開いたジーンズを履いていましたが誰にも気付かれていなかったようです(w