壊れたサイフを自力で直した。

diary | 2004年2月22日 1:16:19 | あべっち


2004022101 大学1年の時、吉祥寺の丸井で買ったVIVAYOUのサイフ。かれこれ8年くらい愛用してる。

でも、昨日突然、小銭入れのホックが留まらなくなった。気に入ってるサイフだし、なかなか同じタイプのが売っていないので買い換えることもできない。

だから、なんとか自分で直してみることにした。


まず、先が細いドライバを突っ込んでみた。おそらく留め具のほうに問題があると推測出来ていたからだ。

でも、留め具内で針金が折れてしまっていたため留め具の交換が必要だとわかった。困った。うちには交換のためのホックなんか無い。と、思いこんでいた。

しかし、デスクの引き出しをあさってみると、高校生の時に使っていたサイフが出てきたのだ。しかも、ホックのサイズが合いそうだった。早速、ミニ四駆用の工具箱からニッパーを取り出し、古いサイフからホックを取り外してみた。若干穴の大きさが合わず、調整が必要ではあったが、なんとか取り付けることが出来た。

これにより、私のサイフはちゃんと新旧交代が出来たような気がした。両方とも大事なサイフだったし、こういう直し方が本当に良かったのかと思った瞬間もあったけど、2つが1つになったわけだし、これからも大切にすることに変わりはないのだからと自分に言い聞かせた。

※本当は新しいサイフが欲しいなぁ〜と思って、新宿をぶらぶらした日もあるんだよ。でも、このサイフほど使い勝手が良さそうなものは見つからなかったわけ。当分、買い換えるつもりはナシ。