24年間。

News | 2002年10月18日 0:53:00 | あべっち

1978年は、私が生まれた年。
1978年は、北朝鮮が日本人拉致工作を行った年。

あれから24年。
私の24年間は、自由な人生。
好き勝手な暮らしを満喫している。
拉致被害者の24年間は、苦しみと我慢の日々。
監視下におかれ、家族と連絡を取ることすらできない日々。

本当につらかったと思う。
24年ぶりに故郷に帰った5人の拉致被害者は、旧友や親戚の人たちとの再会に涙し、素直な感情を表現していた。

もしかしたら、マインドコントロールされているのかもしれない。
北朝鮮の政府は、国内メディアに厳しい言論統制を義務付けているわけだから、拉致被害者の人たちの発言も厳しくチェックしているのかもしれない。
拉致被害者の人たちは、今回、子どもたちを北朝鮮に残したままだ。
本音を語って、北朝鮮の逆鱗にふれ、子どもたちに危害が加えられるのではないかという心配を抱えていると思う。
しかし、その心配は無いのではないだろうか。
子どもたちに危害を加えたら、日本は国交正常化協議の席には着かないだろうし、経済支援や食糧支援もしないと思う。
そうなれば、ロシアも北朝鮮と友好関係にあるが、世界的世論には勝てず、支援はできないだろうし、北朝鮮の現体制は自然に崩壊するのではないだろうか。
これらは、あくまでも推測だが可能性がまったく無いわけではないと思う。

本当に、24年間は長いな~と実感した。

テロリズムと平和主義者と未来。

News | 2002年10月15日 9:20:00 | あべっち

今度は、南の楽園バリ島でテロが発生したようだ。
100人以上の人が亡くなり、数百名ものケガ人が苦しんでいる。
ニューヨークの世界貿易センターが崩壊してから、一年余。
殺伐とした事件が無くなる日は、いつになったら訪れるのだろうか。
テロに対するアメリカの強硬な態度が、テロリストを実行に駆り立てるのだろうか。
昨今の平和主義者は、口々にアメリカの強硬姿勢を支持したり、武力行使を容認している。
でも、それで本当に平和は訪れるのだろうか。
争いのない、穏やかな時間を送れる日が来ることを心から願う。

もしもノーベル賞を受賞したら・・・・

News | 2002年10月10日 12:40:00 | あべっち

東大の名誉教授のノーベル物理学賞に続いて、島津製作所の社員がノーベル化学賞を受賞した。
突然のことで、本当に驚いている様子をテレビで見た。
奥さんも家族もビックリしているようだ。
でも、経歴とか個人情報が報道されて、ちょっとかわいそうだ。
“奥さんとは見合い結婚だ”なんて報道しているテレビや新聞もある。

続きを読む »

ユニクロが野菜販売。

News | 2002年10月4日 19:55:00 | あべっち

ユニクロがついに野菜販売に乗り出す。
両親や友人たちから「ユニクロ信者」と呼ばれている私もこれには興味津々なのだ。
厳しい安全基準をクリアした野菜だけを消費者に提供するようだ。
私は「美味しんぼ(おいしんぼ)」という漫画が大好きで、出版されている単行本を全巻所有するほどのファンである。
その中で、“緑健農法”について紹介されている。
野菜に農薬を大量に与る本来の生態系を無視した生産法を止め、より原産地の自然環境に近い環境で生育させる方法のことである。
大量に農薬を与えた野菜は、実にも農薬が残留しており、人体に影響がないとは言い切れない。

続きを読む »

宇多田結婚!マジかよ!

News | 2002年9月6日 22:53:00 | あべっち

いや~、今日はマジでビックリしたね。
あの宇多田が結婚するとは!
オヤジは今頃、ガックリきてるかもしれない。

でも、私の頭には
「先を越された」
が、まず思い浮かんだ。

19歳の宇多田に、24歳の私は負けたのだ。
たかが結婚、されど結婚。

あ~、今日は本当に驚きすぎて、書きたいこと書く前に忘れてしまった。

23 / 23« First...10...1920212223