コラボレーターと仕事をするということ。

work | 2005年6月17日 8:14:04 | あべっち

今月は、仕事で外部の方とお会いする機会が本当に多い月だ。

ウェブプロデュースの仕事を始めてから、あまり外部の方と一緒に仕事をする機会はほとんど無かったが、最近、私が企画しているいくつかの案件には、外部の方の協力が不可欠。

外部の方といっても、元同僚だったり、ブログがきっかけで知り合ったり、以前からの知り合いもいたりする。プライベートな私とのつながりがある人に言わせると、仕事の話をしているときの私は、話し方も態度も違うらしい。

昨日も元同僚とビジネスの交渉をしたあとで、エレベータを待ちながらちょっと世間話をしていたら、うしろから見ていた同僚が「あべっち、話し方がさっきと違うよ。」と突然言うからちょっと驚いた。まあ、ビジネスとプライベートは切り分けてるつもりだ。

続きを読む »

もろもろさよなら。

diary, work | 2005年5月27日 7:30:43 | あべっち

昨日は、うちのチームのエンジニアの送別会でした。
彼には、あるプロジェクトで大変お世話になったし、期待以上の成果を出してくれたので、辞めてしまうのは残念。それでも、明るく送り出してあげるうちのチームは、ホント良い人たちだなぁ~と思いました。

さて、彼には本当に無理難題を押し付けてばかりでした。辞めることを知ったときに、私が原因ではないかと思ったりもしましたが、昨日話したとき、そうではないと言っていたのでちょっと安心しました。なにせ、ギリギリになって振られた仕事だったため、スケジュールの余裕はゼロ。そんな状況で開発をお願いしたのに、仕様をきちんと検討してドキュメントにまとめてくれたり、追加機能を作ってくれたり、突然の仕様変更にも対応してくれて、私が接してきたエンジニアの中でもこれほど優秀で一生懸命な人は彼が初めてでした。だから、本当に残念でならないけれど、キャリアパスのための卒業だと聞いて、応援したい気持ちになりました。

さてさて、そんな私にはもうひとつの別れが決定してしまいました。

続きを読む »

Session for Building.

work | 2005年5月20日 19:56:05 | あべっち

タイトルは、あえて英語にしてみました。
言葉として正しいかどうかは別として、「Session」という単語を使いたかっただけです。

今日、元同僚(先輩)が働く企業とのMeetingがありました。私と元同僚が一緒に働いていたときに語り合ったことを、私が今担当しているプロジェクトで実現できる可能性が出てきたのです。元同僚も私もすでに、一緒に働いていた会社を辞めていますので、まあ、しがらみがあるわけでもなく、対等な取引をし得る関係なわけです。(詳しいことが書けないことが残念ですが。)

今は、私が発注者側で、元同僚は委託先になるかもしれない側です。

続きを読む »

退職願を出しました。

work | 2004年7月21日 7:23:56 | あべっち

昨日、上長に退職願を出しました。一応、8月末日で退職する予定です。
すぐに「話し合いを…」との返事があり、18時半から話し合いをしました。

結局1時間ほど話し合いをしましたが、私の決意が固いため、どうにか納得してもらいました。仕事が嫌とか、誰が嫌いだとか、会社がどうこうというネガティブな動機ではなく、あくまでも自分自身の問題なのでそんなに暗くなることもなく…。

評価してくれていることは実感できたし、それはすごくうれしかったし…。

続きを読む »

これからの自分は…。

diary, work | 2004年6月1日 5:56:28 | あべっち

このブログでは、2003年9月3日2003年12月1日2004年2月28日に会社で理不尽な思いをしたことを綴ってきた。できることなら、このブログにはこれ以上そんなことは書きたくなかった。でも、今日はこれまでの理不尽さをさらに越える理不尽な思いをした。そのせいで泣きそうになった。こんな自分はこれからどう生きて行けばいいんだろうか…。

続きを読む »

「許諾」と「契約」。

work | 2003年12月11日 7:09:00 | あべっち

仕事のことなのであまり詳しくは書けないが、私が企画しているコンテンツはすでにクリエーターの手に渡り、制作段階に入っている。

しかし、内容を若干変更したため、ある企業に「掲出許諾」を取る必要が出てきた。許諾だけならまだ良い。もしかすると、金銭が絡む契約が必要になる可能性が高い。

コンテンツの内容を、許諾や契約が必要無いものに変更することは可能だが、インパクトが無くなる。となると、きちんと契約を結んだ上で、コンテンツをスタートさせるのがベターである。

コンテンツの開始予定日までは、1週間ほど。契約を結ぶためには、もっと時間が必要だ。

マズイ!

うれしくねぇ~けど、入社1周年だったのさ。

work | 2003年11月12日 7:05:41 | あべっち

昨日は、今の会社に入ってちょうど1年の日だった。
でも、あんまりうれしくねぇ~。

報酬は入社後並行線で~♪
from 椎名林檎「丸の内サディスティック」

が、あたまの中でぐるぐる。

仕事の内容も報酬も、どう考えても満足できない。
だからだろうか、最近会社に行くのが楽しくない。

続きを読む »

残業について考えた・・でも、連日の残業。

work | 2003年8月29日 9:17:37 | あべっち

昨晩も午前1時近くに帰宅。
午後11時半頃まで残業すると、どうしてもそんな時間になってしまう。

なのに、次の日は定時の30分くらい前には出勤し、メールチェックとか今日のスケジュールチェックとか、やってる自分がいる。

このタフさ加減は、自分でも驚いてる。

残業についていろいろ考えたけど、ユーザーが私からの返信を心待ちにしている以上、出来るだけ早く答えてあげることが一番だから、そういう時は残業もしょうがないな~と思う。

でも、今の自分は、プライベートな時間を失っていてフラストレーションとストレスがたまっている。
ホントまいっちゃうよ、この責任感。

残業について・・。

work | 2003年8月27日 9:30:32 | あべっち

ちょっと早く出勤したので、今週月曜日に配布された社内報を読んでみた。
掲載されていた社長のインタビュー記事にインスパイアされたので、少々”残業”について考えてみた。

>Question<  「残業」にどのような印象をお持ちですか? >社長談<  一概に良い悪いとは言えませんが、残業をしているという事は、仕事に一生懸命で熱中している証拠だと思うので良いと思います。しかし、一方では時間をうまく使えていないことも考えられます。(続く)

ワタシは、本当に忙しい日以外はあまり残業をしない。
本当に忙しい日は午後10時とか11時まで仕事をすることもある。
でも、あまり忙しくなければ定時に帰る日もあるし、午後8時くらいの時もある。
ポジション的にということもあるけど、ムダにダラダラ仕事をしてプライベートな時間を失うのが嫌だからだ。

といって、仕事と無関係なことに時間を費やしているわけではない。

ブログblogを楽しむML“の管理やグループログの運営、自分の2つのブログの管理、メルマガ「知って得する時事ネタ」の執筆など、プライベートな時間にやっていることは、インターネット業界で働いている私の仕事に無関係なことではない。

残業が良いとか悪いとかは言えないけど、残業をあまりやらないからといって仕事に熱中していないわけではないと思う。

まとまらないので、また後で書く。
> Post time 2003-08-27 09:30:32

続きを読む »

読め。

work | 2003年5月30日 13:00:13 | あべっち

ダークストーリー・オブ・エミネム Sho‐pro books

2 / 3123